コラム最新記事

 

 

月別アーカイブ

消滅時効について

 

 

 すでに時効が完成している借金でも、借主が 「払います。」 と言えば、時効の効力が失われる。

 

 そこで、時効完成後も、貸主としては、なんとか借主に 「払います。」 と言わせたい。

 

 

 

 

 その方法の1つが、 

  「最初の1年は、1,000円ずつでもいいですから。」 という誘い文句である。

 

 

 借主が 「1,000円ずつでよければ、払います。」 といえば、一丁上がり。

 

 

 多額の元本・損害金が復活する。

 

 


 最近 金融業者のこのような 「1,000円作戦」 にまんまと引っかかった方の相談を受ける機会が数回あった。

 

 

 そもそも時効という制度は 「権利の上に眠る者は保護しない。」 という制度である。

 

 借主の知識が十分でないことに乗じて、眠っていた貸主の権利が復活するのもどうかと思うが、

 

 

 1,000円ずつ支払うかどうか よくよく吟味していただきたい。

 

 

 

弁護士 宮國英男

2017年10月27日(金)

まずはお問い合わせください

 

 

このページの先頭へ