コラム最新記事

 

 

月別アーカイブ

誰も嘘はついていない

 

 

 

先日相談を受けた直進バイクと右折軽自動車との衝突事故。

 

 

 バイクの運転手は

    「自分の信号は青だった。」 と言うし、

 

 軽自動車の運転手は

    「自分の方の信号は右矢印が出ていた。」 と言う。

 

 

 

どうして、このような真逆な話になるのだろうか。

 

 

   誰かが嘘をついている。

 

 

   いや実は誰も嘘はついていない。

 

 

 

 私はこう思うことにしている。

 

 事故というパニック状態の中で、自分に不利にならないように、脳が真実とは異なる記憶を作ってしまうのではないかと。

 

 だから 嘘をついているではなくて、本人は記憶に従って事実を述べているのだと。

 

 

 こう思えば、相手のことを 「嘘つき」 と非難する必要はない。

 

 

 

 誰も嘘を言っているのでない。

 

 正直者同士の事故として、事情を聴く。

 

 

 その上での法律相談となる。

 

 

弁護士 宮國英男

2017年12月01日(金)

まずはお問い合わせください

 

 

このページの先頭へ